せどり実践記(2)挫折しました

スポンサーリンク
副業

結論から先に言いますと、せどりは挫折しました……というか、やめました!!

挫折しちゃった理由はいろいろあるんですが、

  • 仕入れ資金が潤沢にないと、そもそも大きく稼げない
  • リサーチしても利益を出せる商品を見つけられない
  • 古物営業許可証を取得したものの、本人確認のハードルが高い

などなど。

やれない理由が面白いように出てきたので、すっかりやる気が失せてしまいました。

それでも3ヶ月くらいは真面目に作業していたので、初心者なりにやってきたことなど、情報発信していこうかと。

まずは挫折した要因をお伝えしていきますね。

わたしの挫折・失敗談を読んで、せどりに挑戦してみようかなぁと考えている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

せどりの仕入れ資金を準備できなくて挫折

せどりを教えている人の中に、現金と合わせてクレジットカードの利用を進めている人がいます。

わたし個人の考えとして、本業の手取り収入以上もする仕入れ資金をカードで支払いたくありませんでした。

怖くないですか?
カードの支払日までに商品が売れなかったら……

仮に売れたとしても、仕入れ資金より安い金額で売れたら赤字です。

きちんとリサーチをして、確実に利益が取れる商品を仕入れたとしても、売れ残りや赤字リスクを考えると、自由に使える手持ちの現金以外は使いたくなかったんです。

そうなると、低単価で回転の良い商品を仕入れて、利益を積み重ねていく方法を取るしかないのですが、そういった商品がなかなか見つからなくてですね……

それで、新品せどりではなく、中古雑誌せどりに挑戦しようと思ったわけです。

中古雑誌せどりもデメリットはあるんですけど、それは後述しますね。

スポンサーリンク

中古雑誌せどりの本人確認がネックで挫折

わたしが挑戦しようとした中古雑誌せどりでは、古物営業許可証が必要になります。

で、取得した後に売るための本や雑誌を仕入れる際、相手方の本人確認が義務づけられているんですね。

中古雑誌を取り扱っているリサイクルショップで仕入れることを予定していたんですが、古物商の法律ではレジを担当してくれた店員さんの本人確認が必要なんです。

わたしも本業がリサイクルショップ店員のため、古物営業法における三大義務の重要性は理解しておりますので、この法律を破るわけにはいきません。

法律を破るわけにはいかないからこそ、本人確認に対するハードルが高くて、そもそもの仕入れができませんでした……

店員さんの側からしても、いきなり客から「本人確認をさせてください」と言われたら、不審者扱いで即警察を呼ばれちゃいますよ。

わたしもせどらーっぽい人の接客は何度もやったことはありますけど、その人たちからは本人確認させてほしいと言われたことは一度もありません。

かおり
かおり

そもそも、許可証を持っているかも疑問だけど……

チセ
チセ

ですよね~

それなら中古雑誌せどり以外に挑戦しようと思いましたが、新品せどりはプレミア価格になりそうな商品を見つけるのが難しかったです。

せどりの基本は、

  • 安く仕入れて高く売る
  • 定価で仕入れた商品をプレミア価格で売る

以上2点がポイントです。

中古雑誌せどりの場合、ブックオフやヤフオクなどで安く仕入れられることが多いため、手数料や送料を差し引いても利益を出せる商品は見つけやすいと言われています。

新品せどりの場合、ポイントやクーポン、セールを活用することが大前提。

定価で売られている新品商品でも、ポイントやクーポンで安く仕入れられるんですけど、当然のことながらライバルも同じことをしているので値崩れしやすいんですよね。

あとはプレミア価格になっている商品をライバルよりも先に確保して、値下がりする前にさっさと売り切るなど、スピードを求められたり。

かおり
かおり

スピード勝負というのが苦手なのかも……

チセ
チセ

トレンド記事もスピード勝負だから苦手でしたもんね

いろいろと書き連ねましたが、ベテランはもちろんのこと、初心者でも結果を出している方はいるので、要は自分のやる気次第なんですよね……

できない理由がアレコレ出てくる時点で、わたしに転売というビジネスは向いていないということがわかりました。

スポンサーリンク

おひとり様が在宅で副業するならブログ運営がいい

せどりに挑戦してみて、売れると思って仕入れた商品は確かに売れましたけど、やっぱりわたしには好きな時に作業できるブログ運営が向いているかなと感じました。

かかる費用も、年1回のサーバー代とドメイン代の約15000円だけで済みますし。

まだ月1万円の壁は突破できてませんが、今のところアドセンスの収益は3~4ヶ月毎に入金されるようになったので、それでまかなえています。

かおり
かおり

あとは真面目に記事を更新して、毎月の収益を増やしていくだけ……

チセ
チセ

継続がなかなか難しいんですよね