1日1記事更新の失敗談 無理しないのが一番だった

ブログで稼ぐ

初心者向けに副業ブログのノウハウを紹介しているブログや、教材でよく見かけるのが、1日1記事のブログ更新。

けれど正直な話、記事を毎日書くのって大変です。
わたしも収益目的でブログを始めたので、1日1記事の更新をがんばってました。
本業がある中、コツコツと。 

ブログの記事数が100を超えれば、アクセス数は自然に伸びていくと、副業系ブログや教材で知っていたので、健気に信じていたんですよ……
ですが、ブログ運営歴が1年近くになっても、記事数が300を超えても、アクセス数はわたしが考えていたよりもまったく伸びませんでした。

なぜ、300記事を超えても、ブログのアクセスや収益がそれほど伸びなかったのか?

今回の記事では、その原因をお教えします。
わたしの失敗談を読んで、それと逆のことをすれば、あなたはわたしよりも早くブログで稼げるようになりますよ!

1日1記事更新の言葉が初心者ブロガーを苦しめる

ネットビジネス関係のブログや有料教材、塾などで、1日1記事の更新を続けようという内容の言葉を見聞きしたことがあるかと思います。

更新頻度に間が空くより、頻繁に――それこそ毎日でも更新するほうが、ブログの読者に喜ばれるような情報を常に提供できますよね。

けれど、本業がある人からすると、1日1記事の更新って、負担が大きいんです。
たとえお金を稼ぎたいと本気で思っていても、甘いと言われても。

わたしの本業は接客業で、基本的に勤務時間がバラバラ、休みもシフト制で不定休。
同じ勤め人でも、勤務時間が一定、車ではなく交通機関で通勤していて、隙間時間を有効活用できる人は可能かもしれません。

かおり
かおり

でも、わたしには無理でした

記事ネタ探しからキーワード選定をしていたはずが、気づけばネットサーフィン。
日によっては記事のネタがなく、頭を抱えることもあり……
いざ、記事を書き始めても、仕上がるまでにかかる時間が2~3時間。

このような状態で、よく300記事以上も毎日ブログ更新してきたなーと、自分で自分を褒めたいところですが、ここにひとつ、落とし穴があります。
それは―― 

かおり
かおり

記事の更新が目的になっていたこと

わたしがブログを始めたのは、時間を切り売りする以外で収入が欲しかったからです。
決して、自己表現の場が欲しかったわけではありません。

けれど1日1記事更新の言葉が頭の中を過ぎる度に、誰に向けて書いたのかわからない、中身がペラッペラのゴミ記事を量産し続けてしまったのです。

Googleの方針は、更新頻度よりも良質な記事をユーザーに提供することにあります。
なので、わたしがやっていた毎日の更新は、Googleの方針とは真逆でした。

もし、あなたが今、毎日の更新がしんどくて、もうブログなんてやめてしまおうかなーと考えているなら、無理して記事を書かなくても大丈夫ですよ。

あなたのブログに来てくれた人が、

「わかりやすくて勉強になったな!」
「面白かった~! ブクマしておこう」

そう思ってもらえる記事を1週間かけて完成させるくらいの心持ちでOK!
短期的視点ではなく、長期的視点でブログ運営をしていきましょう。
途中でブログを辞めなければいいんですよ!

ブログを毎日更新しない選択肢 

お金を稼ぐためのブログ運営をするなら、検索結果で上位に表示されるキーワードを選ぶことが大事です。
でも1日1記事にこだわり続けると、そのキーワード選定にかける時間がありません。
※隙間時間を有効活用できる人は別。

特にブログ初心者は、キーワード選定はもちろん、記事の作成にも時間がかかるもの。
なので、日付が変わる前にブログを更新しようと焦るあまり、検索需要のないキーワードもしくは、誰得の日記を書いてしまうことになってしまいます。

このような記事を量産しても、アクセスは絶対に伸びません!

かおり
かおり

断言します!! 

今わたしが運営しているブログも、初期の記事はアクセスが0のものが多いです。
時間もスキルもない中、ヒーヒー言いながら書き上げた記事が多く、読まれてないからと言って削除するのはもったいないな~と思いましたが、気持ちに踏ん切りがついた頃に、どんどこ削除しちゃいました。
※ワードプレスのテーマによっては、記事毎に「noindex」設定できるものもあります。

ちなみに1日1記事の更新にこだわり続けるのをやめたきっかけは、アクセス数や収益が伸びないことによる、モチベーションの低下――
ある日、プツンとやる気が失せてしまったんです。

でも1年近くも更新を続けてきたことと、ブログを辞めない限りは挫折じゃないと思い、細々と記事を追加していくことにしました。
その頃、誰の役にも立たない記事を書くくらいなら、読む人を意識した記事を、しっかりキーワード選定した上で書いたほうが良いというブログを見つけたことも影響してます。

ここ数年のGoogleは、記事数よりもその内容を重視していると言われています。
ブログに訪問した人の疑問や悩みを解決する記事を書く場合、1日1記事の更新なんて、勤め人には無理ゲーです。

更新頻度が少なくても、その代わりに良質な内容の記事を書いていきましょうね!

1日1記事更新の失敗談まとめ

わたしが収益目的のアドセンスブログを始めたのは、もう3年くらい前のこと。

当時はまだ、コンテンツより記事数が重視されていて、とにかく記事を書き続けていれば稼げる時代だったようです。
だから余計に、毎日の更新にこだわってしまったんですね。

ブログ運営に関して、ある程度の知識を得た今、当時のわたしに言いたいことは、

かおり
かおり

毎日の更新を目的にしてはいけないよ

ということ。
たとえ1日1記事の更新ができなくても、文章力がなかったとしても、読んでほしい人を意識した記事を書いていくことが大事なんだよって伝えたいです。

なので、あなたがもし今、毎日の更新に苦労しているなら、無理しなくても大丈夫。
せっかくブログで稼ぐ方法があると知ったのに、ブログの更新がつらくて挫折するほうがもったいないですよ。

あなたが読んでほしいと思う人に向けて、わかりやすく丁寧に書き上げた記事を掲載していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました