スムーズにブログ記事が書けるようになる3つの方法【初心者向け】

ブログ運営

ブログで稼ぐことを夢見て、さっそくブログ開設してみたはいいものの、記事を書くのに苦労していませんか?

TwitterやLINEを利用しているから、文章を書くのは簡単にできると思っていたのに。
いざ記事を書き始めようとすると、

「あれ? 文章が出てこない……」
「1つの記事を完成させるのに、1時間以上もかかっちゃうんだけど……」

もし、記事をスムーズに書けなくて手が止まっていたら、記事を読んでみてください。
記事を書く方法に答えはありませんが、こういう書き方もあるんだな~と心の片隅にでも留めておいていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

その人になにを伝えたいか決める

ブログ初心者さんがちょっとでも楽に記事を完成させるためには、書き始める前の準備が大事になります。

その準備というのが、

あなたのブログを読みに来た人に、なにを伝えたいかを決めるということ。

わたしも今回の記事を書くにあたり、過去のわたしと同じように悩んでいる人に向けて、ブログを始めたばかりでもスムーズに記事を書ける方法を伝えようと、大まかなテーマを決めました。

なぜ、伝えたいことを前もって決めるのかは、以下の小見出しで説明しますね。

関連記事 ブログ初心者は下準備が大事

記事の内容がまとまる

まず、記事の内容がまとまります。

今回の記事を例に挙げると、初心者さん向けに、スムーズに記事を書く方法を伝えようと決めたら、それ以外のことを書く必要はありません。

むしろ、今回の記事と関係ないことを書くと、内容があっちこっちに飛んでしまうので、読んでいる人が混乱してしまう可能性も。

書いてある内容が難しいとか、なんかよくわからないな~と思われてしまうと、ページを閉じられてしまうかもしれません!

なにが言いたいのか明確になる

次に、記事の中で自分の言いたいこと、相手に伝えたいことが明確になります。

人と話をするとき、ある程度は話す内容を考えますよね?

その場のノリと勢いで会話するときは、そこまで考えなくてもいいと思いますが、なにか相談したいときや、かしこまった場では話すことを考えておかないと、相手に伝わらないばかりか、話の合間合間で説明する時間が必要になるなど、会話に集中できません。

結果、なにを話していたんだっけ?と肝心の内容が頭に入ってこないことも。

自分の中で記事の完成図、着地点がしっかりしていれば、記事を書き進めている最中に、

チセ
チセ

なにを言いたいのか、自分でもよくわからないな……

という、失敗を防ぐことができるんです。

スポンサーリンク

記事を書き始める前に見出しを考える

ブログの訪問者に伝えたいことを決めた次は、中見出しを考えておくと、よりスムーズに記事を書くことができますよ。

もちろん、これにも理由があります。

テーマがブレない

前もって中見出しを考えておくと、記事を書き進めている途中で読者に伝えたいことと、書いている内容がズレることがありません。

もし、記事の内容が途中から脱線しているかも……と感じたら、まず先に見出しを考えてみてはいかがでしょうか?

見出しを先に考えるとはいっても、きっちりしっかり考える必要はなくて、仮の見出しや単語の羅列でも大丈夫ですよ。

実際に記事を完成させてから、じっくり見出しのタイトルを考えればOK!

好きな見出しから書き始められる

記事の書き方はあなたの自由!
最初から書き始めなければいけないというルールも、もちろんありません。

書き始めに悩むくらいなら、サクサク書ける見出しから書いていいんですよ!

大事なことは、途中で手を止めずに最後まで記事を完成させること。

スポンサーリンク

各見出しごとに内容を箇条書きする

読者に伝えたいことも決めた。
見出しも先に考えた。
それでも、文章が書けない&まとまらない!

そんなときは、書きたいこと、伝えたいことを箇条書きにしてみては?

以下に、例を挙げておきますね。

(例)

見出し1:先に見出しを考える

先に見出しを考えておくと楽
好きなところから書ける
サクサク書けるところから進めると手が止まらない


こんな感じで、各見出しの内容に沿った文章を箇条書きしていきます。
箇条書きをすると、

かおり
かおり

あ、ここはもう少し詳しい説明したほうが親切かも?

チセ
チセ

ここの文章、表現を変えたほうがわかりやすいかな?
あと、内容がちょっと脱線してるかも……

などなど、頭に浮かんだ文章を客観的に見ることができるし、軌道修正もラクチンです!

箇条書きした文を繋げる

箇条書きした文章は、そのままでは記事として成り立ちません。
そこで次に、箇条書きした文章を繋げていく&読みやすく修正する作業が必要です。

「です、ます」口調なのか、「~だ、~である」口調なのか、運営者のイメージによって変わってきますので、あなたのブログスタイルに合わせてくださいね。

初心者でも楽にブログ記事を書く3つの方法まとめ

ブログを始めたばかりで、文章を書き慣れていない人でも楽に記事が書ける方法を3つ、提案させていただきました。

  • 読者になにを伝えたいか先に決める
  • 記事を書き始める前に見出しを考える
  • 見出し毎に書く内容を箇条書きする

いずれも、記事の内容がブレないようにするための方法でもあります。

同じ記事を書くにしても、テーマがブレブレで、最終的になにを伝えたいのかわからない記事を量産していくより1記事1テーマを意識して、読者さんの悩みや疑問を解決できるような内容を徹底するほうが労力は少なく済みますよ。

今回ご紹介した方法が唯一の正解ではありませんが、1つの記事を完成させるのに時間がかかっていて悩んでいたら、参考になさってくださいね。

あか子さんの教材【ファンブロ!】なら、趣味や得意なこと、特別な知識がなくても特化ブログを作れます。
わたしも現在、ファンブロ方式の特化ブログに挑戦中!

タイトルとURLをコピーしました